媚びない魅力

平成27年10月

「あそばせてください!」

手を合わせて、おまいりをしたら、境内に一斉に散らばる園児たち。秋晴れのお天気が続いています。毎日のように賑やかな声が響く境内です。

会館前に鎮座する背が高い庭石。柱のように切り立っていて高さが二メートルほどありますが、ほどよく足がかりになりそうな凹凸もあります。次々と「岩山」に取り付いて登頂を図る子どもたち。がんばれ、がんばれ…

周到に子どもの動線や安全に配慮されている公園の遊具と違い、こうした場所は子どもに「媚びていない」のが魅力。余計にチャレンジしたくなるようです。大人はそんな子どもの遊び心、小さなチャレンジを見守り、大切に育てたいものです。