第二十六代 新御門主 法灯を継承されました。

平成27年4月25日

平成27年4月25日、26日、真宗出雲路派  第二十六代ご門主の法灯継承の法要、伝灯奉告法要が厳修されました。

新ご門主が末寺並びにご門徒の方々と共に、新しい時代を生きる決意を仏祖の御前に報告されると共に、真宗の法義を広く内外に示される聖儀が伝灯奉告法要であります。

宗祖親鸞聖人の御教えが厳然として継承され、法灯血脈連綿として揺るぎなく第二十六代の善知識をお迎えすることが出来ましたことは、宗門にとりまして慶びの極みであります。

ご門主よりお示しいただきました「唯々念仏して」は、新ご門主へと継承されることとなりました。この「唯々念仏して」を宗門の指針・真意として、お念仏に生かされた勝縁の道をより一層深めるべく、精進してまいります。

* 伝灯奉告法要の特別ページは後日掲載させて頂きます。