令和元年度「御正忌報恩講」

令和元年11月22日

令和元年度「御正忌報恩講」のご案内

11月22日~28日にかけ、令和元年度「御正忌報恩講」が厳修されます。

「ほんこさん」という言葉で親しまれている「報恩講」は、本来は「御正忌報恩講」といって、親鸞聖人がご入滅になった11月28日の御正忌(祥月命日)をご満座として1週間勤まる、真宗では一番大切な仏事であります。

「報恩」とは「凡夫の身で如来の本願を信じて念仏を申さば仏になる」という「如来大悲の恩徳」を聖人自らが喜ばれ、私たちに教えていただいたという大きな ご恩に報謝するということです。

聖人へのご恩報謝が、そのまま如来さまへのご恩報謝になるのであります。お正信偈にも「唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩」 (唯よく常に如来の号を称えて 大悲弘誓の恩を報ずべしといえり)とあるとおりです。

 

令和元年度「御正忌報恩講」日程

■11月22日(金)---------------------------------------------------

・逮夜(13時30分~):正信偈 常用

◉ 法話 正彌 文秀 師

 

■11月23日(土:勤労感謝の日)----------------------------------

・晨朝(6時30分~):小経、正信偈 草読

・日中(10時30分~):正信偈 常用

・逮夜(13時30分~):和訳正信偈

◉ 法話 畑中 尚治 師

・備考 仏教婦人会 研修

 

■11月24日(日)---------------------------------------------------

・晨朝(6時30分~):小経、正信偈 草読

・日中(10時30分~):正信偈 常用

・逮夜(13時30分~):正信偈 真四句目下

◉ 法話 藤枝宏壽 師

・備考 日中:子供報恩講、逮夜:青年部出勤、湯谷地区お参り

 

■11月25日(月)---------------------------------------------------

・晨朝(6時30分~):小経、正信偈 草読

・日中(10時30分~):伽陀 二章、式初段、文類(草)

・逮夜(13時30分~):正信偈 常用

◉ 役説教 善照寺

◉ 仏陀大いなる旅路(DVD鑑賞)

・備考 御紐納め(11時30分~)、お逮夜 おつとめ推進員

 

■11月26日(火)---------------------------------------------------

・晨朝(6時30分~):小経、正信偈 草読

・日中(10時30分~):伽陀 二章、式二段、文類(草)

・逮夜(13時30分~):正信偈 真四句目下

◉ 法話 藤澤 董 師

■11月27日(水)---------------------------------------------------

・晨朝(6時30分~):小経、正信偈 草読

・日中(10時30分~):伽陀 二章、式三段、文類(草)

・逮夜(13時30分~):正信偈 真四句目下

◉ 役説教 城福寺

・初夜(16時半~):御伝鈔、正信偈 舌々

◉ 法話 黒谷樹麿 師

・通夜説教(19時~)若干名

・備考 二葉保育園園児参拝

■11月28日(木)---------------------------------------------------

・晨朝(6時30分~):小経、正信偈 草読

・御満座(10時30分~):伽陀 二章、嘆徳文、正信偈 常用、

◉ 御親教

◉ 御親教復演 教学部長

-----------------------------------------------------------------------

*法話は、行事に引き続いて行われます。