報恩大遠忌とは

「報恩大遠忌(ほうおんだいおんき」とは「御遠忌(ごえんき)」ともいわれ、宗祖親鸞聖人の50年に一度の年忌であり、真宗出雲路派 本山 毫摂寺において格別大きな法要であります。そして今回厳修となりましたのが「宗祖親鸞聖人750回報恩大遠忌」であります。

宗祖親鸞聖人がご往生されて750年。これを機に、聖人のみ教えをあらためて胸にきざみ、お徳をたたえるとともに、人生のどのような問題も受けて立つ力「金剛の信心」を獲させてもらえるよう、自身を見つめ直す良い機会としてはいかがでしょうか。